体脂肪率の平均値と理想の関係

痩身に関すること

脂肪吸引

ダイエットに取り組んだとしても、全ての人が減量に成功するというわけではないのが厄介なところです。今日に至るまで実に多種多様なダイエット方法が生み出され続けていることも、それを証明する事柄の1つだといえます。

また減量に成功したとしても、過度な食事の制限を行ったせいでより一層栄養分を吸収しやすくなったり、逆に食欲が増加してしまったり、継続的なダイエットを怠ったせい等で元に戻る、あるいはそれ以上に体脂肪率が増えてしまう「リバウンド」が起こることもあり、痩身への道のりは必ずしも順風満帆とはいきません。

そのため食餌療法たるダイエットとは違い、美容整形の方面で痩身になるやり方が生み出されました。それこそが「脂肪吸引」です。脂肪吸引がメジャーとなる前までは手術によって脂肪を切り取る「脂肪切除」のほうが主流でしたが、術後の傷が小さく目立たないという理由で今では吸引のほうが多く行われています。

脂肪吸引の具体的な方法としては、脂肪を減らしたいと思っている場所に「カニューレ」という金属製のストローのような管を指し込み、そこから脂肪を吸引するというものです。

以前はその吸入が痛い、吸入後の肌が凸凹になる、質感が悪くなるといったデメリットが多数ありましたが、年月とともに技術が進歩、洗練されていったことによってそれらデメリットはほとんど改善され、今現在は術中の痛みはほとんどなく、また術後も筋肉痛のような痛みが数日間続くだけ、傷跡も3~4mm程度の大きさのものがあるだけで目立たない等、安心して受けられるものになってきています。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved