体脂肪率の平均値と理想の関係

痩身に関すること

過食症

前項の拒食症は食べ物が喉を通らなくなる摂食障害でしたが、それとは逆に食べることが止められず、常人と比べて明らかに多い量の食事を口にしてしまう摂食障害のことを「神経性大食症」、一般的に「過食症」といいます。

さて、過食症という名前と拒食症と真逆の状態を示すということから、過食症患者の人はやたらと太っているのではないかと思う人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。過食症の人がやたらと食べることは事実ですが、ほとんどの人はそれに伴う代償行為として、嘔吐、下剤や利尿剤による排泄、過度な運動や絶食を行うからです。

つまり大量に食べた分を吐いたり排泄したり、食べた分に値する運動や食事の制限を行うことでチャラにしようとするのです。

このことから、実はものを食べ過ぎてしまう過食症と、ものが食べられなくなる拒食症は表裏一体の関係にあり、両方とも痩せたいと願うあまり無理なダイエットをすることが原因となる点や、拒食症を克服しようとして食べ過ぎ、今度は逆に過食症になってしまうことがある点等から、その根本は同じものであるといえます。ちなみに過食症でも代償行為が行われない場合がありますが、その場合は「むちゃ食い障害」と呼ばれます。

過食症の人は、抑うつ症状や気分変調性障害、不安障害等の精神的な障害がみられることが多く、また代償行為として嘔吐する場合に見られる症状としては、口の内部や食道、胃の損傷、むくみ、脱水、嘔吐が習慣化したことによる吐きタコ、歯が溶ける歯牙酸蝕症、低血糖、低血圧等があり、それ以外では肝機能の障害や月経の異常、皮膚の乾燥が起こることもあります。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved