体脂肪率の平均値と理想の関係

痩身に関すること

ダイエット

体脂肪率が高くなった結果である肥満に対し、体脂肪率が並、あるいはそれより低い状態であること、またその状態を目指して行動することを「痩身」といいます。体脂肪率があまりにも多いよりは、平均かそれより少ないくらいが健康的であるといえますし、女性にとっては細く美しい体型でいたいと思うのは、昔から今までずっと変わらない願いといえるでしょう。

そんな思いを持つ女性にとって、「ダイエット」はまさに切っても切れない存在です。

今現在ダイエットというと、食事でも運動でもマッサージでも、痩せるために行う行動は全部ひっくるめてダイエットと言っているような印象がありますが、ダイエットの本来の意味は肥満の防止や改善のために行われる食事制限のことを指していて、「食餌療法」と呼ばれるものこそが正しい意味でのダイエットなのです。

ダイエットの中でも基礎、一番分かりやすいのはカロリーを減らすことです。人間は「基礎代謝」といって、例え何もせずにじっとしている状態でもその生命活動維持のため、生理的にカロリーを消費しています。成長期を終えてその代謝が安定化した一般の成人の場合、1日に基礎代謝で消費されるカロリー量は男性で約1500kcal、女性で約1200kcalとなっています。

これで何かしら激しい運動を行うのなら別ですが、特に身体を動かすようなことをしないのであれば、1日の食事で摂取するカロリーの上限をこれと同等くらいにすることがダイエットの一歩目といえるでしょう。しかしだからといって一種類の食品しか食べないとか、食事を抜くとかするのは栄養の偏りを招く恐れがあります。あくまで普通に食事をとりつつ、カロリーを減らすことが大事です。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved