体脂肪率の平均値と理想の関係

脂肪に関して

コレステロール

「コレステロール」、もしくは「コレステリン」と呼ばれるものは、「ステロイド」という天然の化合物に分類されるものの一種で、1784年に人間の胆石から発見されたのが始まりです。

コレステロールは食物として摂取される量が全体の1/3であるのに対し、肝臓で合成される量が2/3と、外部から取り入れられるよりも体内で作られる量のほうが多いです。その役割は人間の各組織に存在する「細胞膜」を構成することにあり、特に血管壁、赤血球の保護に非常に重要とされています。

また性ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの原料になったりもします。なおコレステロールも前項の中性脂肪と同じく脂質の一種なので、血液に乗って全身に運ばれるにはリポタンパク質の形をとります。

動物性脂肪の項に登場したように、飽和脂肪酸を多く含む動物性脂肪の食品を多く食べていると血中のコレステロール値が上昇してしまいます。また断トツトップの卵黄をはじめ、鶏全卵やうずら卵、ピータンなどの卵類、するめ、たたみいわし、アンキモ、エビなどの魚介類は大量のコレステロールを含んでいるため、これらを食べ続けていると「動脈硬化」等のコレステロール由来の諸症状を招く原因になります。

それが理由でコレステロールは何かにつけて忌み嫌われる存在のように思われがちですが、上記のように人間の身体にとって重要な役割を果たしていて、足りなくなれば脳出血や貧血といった症状を起こすこともあるため、一概にいらないものだと断定できない存在なのです。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved