体脂肪率の平均値と理想の関係

脂肪に関して

セルライト

血行の低下によって、人間の体内にある「皮下脂肪」の代謝が低下し細胞が肥大化した結果、細胞同士が付着する、もしくは脂肪細胞の中に老廃物が溜まってできるもののことを「セルライト」といいます。元々はフランスで生まれた言葉で、細胞を表す「Cellule」と鉱物を表す「ite」という言葉が合わさってできたものです。

1973年にニューヨークのエステサロン経営者である「ニコール・ロンサード」がセルライトについての本を書き、それがベストセラーとなったことから一般にも広く知られるようになりました。セルライトは一般的に思春期以降の女性にのみできるもので、存在が自覚できないものも含めて女性の8割はセルライトがあるといわれています。

なお普通男性にはあまり見られず女性にばかりできるのは、女性のほうが男性よりも脂肪分が多いためです。セルライトは元々脂肪であるため普段から脂肪が多い箇所にできやすく、お尻、太もも、ふくらはぎ、腹、二の腕といった部分にセルライトがみられることが多いとよく言われています。

セルライトはその症状が進行すると肌の表面が凸凹になります。まるでオレンジの皮のように見えることから「オレンジピールスキン」と呼ばれるものですが、これはセルライトがかなり進行した状態にならないと現れないもので、オレンジピールスキンにならなくてもセルライトができている可能性は十分に考えられます。

セルライトの非常に厄介なところは、通常の皮下脂肪のように運動によって落としたり、一般的なマッサージによって解消したりすることができないところです。有効な手段は、美容体操や専用のサプリメントを摂取することだといわれています。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved