体脂肪率の平均値と理想の関係

体脂肪率の計測方法

CT法・MRI法

放射線等を使用して物体を走査、得られた情報をコンピュータが処理し、対象物体を輪切りにしたような断面画像を見ることができる技術、またはそれを行う装置を「コンピュータ断層撮影」、通称「CT」と呼びます。

CTは広義の範囲でいえば陽電子の検出にて行われる「ポジトロン断層法」や、ガンマ線の検出にて行われる「単一光子放射断層撮影」も含まれますが、基本的には最初に実用化されたX線を使ったものをCTと呼びます。

原理としては仰向けに寝た対象者の周りを、X線を放射する線源とそれを受け取る検出器が回転、全身にX線を浴びることによって、身体の隅から隅、360度を透過して見ることができるのです。なお白黒をはっきり見るために「造影剤」という薬を対象者に投与することもあります。

CTに似ていますが、原理の全く違うものに「核磁気共鳴画像法」、通称「MRI」と呼ばれるものがあります。計測に使用される装置は、CTのように真ん中に穴が開いた巨大なドーナツ状のもので、計測を始めるとその中で磁界を作り、同時に真ん中で寝ている対象者に向けて電磁波を当てます。人間の体内にある水素は磁気に反応する性質があるので、当てられた電磁波にて信号が発せられ、CTと同じような透過図ができあがるのです。

CTはMRIに比べ計測時間が短く、画像の乱れが少ないですが、X線を使うため放射能被曝する可能性があり、対するMRIはCTに比べてより精密に計測でき、被爆の危険もありませんが、計測時間が長く、強い電磁波を発するため金属製品を身につけていると計測に支障をきたす場合がある等、それぞれに長所と短所があります。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved