体脂肪率の平均値と理想の関係

肥満に関すること(脂質異常症)

低HDLコレステロール血症

前項のものはLDLコレステロール、通称悪玉コレステロールといわれるもので、肝臓で作られたコレステロールを身体中に運ぶ役割を持つものでしたが、それとは逆に、血液中にある余ったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割を持つものがあります。

その時に使用されるタンパク質のことを「高比重リポ蛋白(HDL)」といい、コレステロールと高比重リポ蛋白が組み合わさってできたリポタンパク質のことを「HDLコレステロール」、もしくは「善玉コレステロール」と呼びます。善玉コレステロールという名からイメージされる通りその働きは有益で、身体中にある余ったコレステロールを回収し動脈硬化のリスクを低減してくれます。

この善玉コレステロールが基準値である40~70mgあれば問題は無いのですが、これ以下の数値になってしまうと余分なコレステロールの回収力が落ちてしまい、悪玉コレステロールの値が正常であったとしても動脈硬化を招く原因となってしまいます。

この善玉コレステロールの低下によって起こる病気のことを「低HDLコレステロール血症」といい、女性の心血管疾患の重要なリスクファクターとなることがあります。なお他のコレステロール異常増加から起こる病気と違い、これはコレステロールの減少によって起きるため、高脂血症から脂質異常症へ名称が変更された理由の1つになっています。

善玉コレステロールを増やすには、単純に悪玉コレステロールが増加するようなことをしなければよいので、適度な運動や禁煙等は効果があります。またブドウ等に含まれる「ポリフェノール」、リンゴ等に含まれる「ペクチン」は善玉コレステロールを増やす効果があるとされています。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved