体脂肪率の平均値と理想の関係

肥満に関すること(脂質異常症)

高トリグリセリド血症

中性脂肪はこれまでに何度か解説に登場してきましたが、人間の体内にある中性脂肪はそのほとんどがトリグリセリドなので、人間の身体において中性脂肪とトリグリセリドはほぼイコールの存在です。

そんなトリグリセリドもコレステロール同様、血液中で基準の値を超えるほど多くなってしまうことがあり、血液内で150mg以上存在することになった場合、それは「高トリグリセリド血症」、もしくは「高TG血症」と呼ばれる病気です。

さてここで少し話は変わりますが、人間の血液は固まりやすい性質があり、小さな血の塊であればいつも血管の中にできているのです。そのためそれが積み重なって血液の流れを阻害させないために、「プラスミノーゲンアクチベーター」という固まった血液を溶かす力を持った物質が血管の内皮細胞から分泌されます。

ですがそれではけがをして出血をした時に血が固まらなくなってしまうので、人間の身体にはプラスミノーゲンアクチベーターの効果を阻害する「プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター」という物質も一緒に備わっているのです。そしてトリグリセリドの中には、このプラスミノーゲンアクチベーターインヒビターに形のよく似た「レムナント」というリポタンパク質があります。

つまりトリグリセリドが血液中で増加するということは、レムナントによって血が固まりやすくなるということに他ならないのです。事実、高トリグリセリド血症になると血の塊ができることによって起こる「血栓症」の発症率が高くなり、脳付近でそれが起きれば脳梗塞が、心臓付近でそれが起きれば心筋梗塞がそれぞれ発症することになるのです。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved