体脂肪率の平均値と理想の関係

肥満に関すること(脂質異常症)

高LDLコレステロール血症

コレステロールの項目にて既に解説しましたが、脂質の一種であるコレステロールは水に溶けないため、身体中に運搬される際はリポタンパク質の形をとります。また同じく既に解説した通り、コレステロールは食事によって摂取することもできますが、普通であればその分よりも肝臓で作り出される量のほうが多いのです。

もちろん肝臓から運ばれる時もコレステロールはリポタンパク質の形式となりますが、その時に使用されるタンパク質のことを「低比重リポ蛋白(LDL)」と呼び、コレステロールと低比重リポ蛋白が組み合わさってできたリポタンパク質のことを「LDLコレステロール」、もしくは「悪玉コレステロール」と呼びます。

近年では悪玉コレステロールというと身体に悪いものというイメージがあり、特に健康診断等でこの数値が芳しくなかったりする人は蛇蠍の如く嫌っているかもしれません。

ですが前述のように、この悪玉コレステロールは肝臓からコレステロールを身体中に運ぶという役割を持っていて、いらないどころか生活には必要なものなのです。しかしそれはあくまでも血中の悪玉コレステロールの量が基準値内に収まっている上での話であり、それを超えてしまうと「高LDLコレステロール血症」となってしまいます。

増加した悪玉コレステロールは血管の内壁にくっついて溜まっていき、動脈硬化等を引き起こす原因になるといわれ、なおかつコレステロールに異常の見られる病気の中でも唯一、「心血管疾患」の絶対的なリスクファクターの地位をほしいままにしています。悪玉コレステロールが嫌われる理由は、全てこれらにあるといっても過言ではないでしょう。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved