体脂肪率の平均値と理想の関係

肥満に関すること

動脈硬化

前項の高血圧がもたらすものの中に「動脈硬化」があります。高血圧は血管の内壁に高い圧力が与えられ続けることだと解説しましたが、血管はその圧力に耐えるためにどんどんその厚みを増していき、次第に本来持っていた柔軟性を失っていくのです。

そうして柔軟性が失われた結果血管は硬くなり、時としてその一部分が狭まってしまう、それこそが動脈硬化です。ただし動脈硬化と言ってもその種類はいくつかに分かれ、上記の血管の内壁が厚くなり、内部が狭まることによって起こる動脈硬化は「細動脈硬化」と呼ばれます。

またその他の種類として、「アテローム」という粥状の物質が作り上げる隆起、「プラーク」ができることによって起こる「アテローム性動脈硬化」というものもあります。

アテローム性のプラークは血管に中性脂肪やコレステロールが溜まることによってできるもので、長い時間をかけ成長して血液を流れにくくする、突然プラークが破れた後、血管の中で血液が固まってできる「血栓」が血管内の血の流れを塞ぐ、または血栓が飛んでさらに細い血管に詰まる「塞栓」等によって血流を遮断してしまいます。

その結果、重要な臓器への酸素や栄養分の輸送に障害をもたらすのです。このような血流への影響は、それが発生した臓器によって「脳梗塞」や「心筋梗塞」と名称が変化し、心臓の場合には、完全に血流が遮断されない「狭心症」という状態も存在します。そのため心臓に対する影響は、心筋梗塞と併せ、「虚血性心疾患」という名が使われることもあります。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved