体脂肪率の平均値と理想の関係

肥満に関すること

糖尿病

生物が活動するためのエネルギーとなる物質は色々と存在しますが、その中の1つに「グルコース」、いわゆる「ブドウ糖」があります。

ブドウ糖は食物から身体の中に取り込まれ、血液により全身の筋肉等に行き渡ってその動力源として利用されるのですが、この時血液中のブドウ糖の量、すなわち「血糖値」が常に一定に保たれるよう、「インスリン」、「グルカゴル」、「コルチゾール」等のホルモンも一緒に働いています。

これらホルモンが何らかの理由によって正常に働かなくなり、血糖値がそれはもう病的に増加して、最終的に余りに余ったブドウ糖が尿と一緒に排出されるようになることを「糖尿病」といいます。

糖尿病はその原因によって「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2つに分かれ、1型の場合は体内の免疫細胞が膵臓を攻撃してしまい、インスリンを作り出す「β細胞」が死滅する、いわゆる自己免疫性が原因であり、2型の場合は肥満や喫煙、運動不足等が理由となってインスリンの分泌が低下することが原因となっています。一般的に生活習慣の悪さのせいで発症する糖尿病は2型のほうで、日本における糖尿病患者の9割はこの2型に属するといわれています。

糖尿病になると引き起こされる症状は「尿に糖が混じる」だけで済まされるものではありません。多く見られるものに喉の渇きがあります。茶や水といった飲み物を多く飲むようになり、ひどい時には夜渇きによって起き出し、やかん1杯分も水を飲むこともあるそうです。その他にも多尿、全身の倦怠感、手足のしびれやこむら返り、目のかすみ等といった症状を引き起こします。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved