体脂肪率の平均値と理想の関係

肥満に関すること

肝硬変

身体に取り入れられた様々な栄養素を分解、合成する代謝の作用を持ち、特にアルコールはその90%以上を分解してくれる臓器が肝臓です。他にも有害物質の解毒作用や胆汁の生成機能等様々な役割を持っている臓器なのですが、それだけ病気になることも多分に考えられます。

そんな肝臓の病気の代表格が「肝炎」で、文字通り肝臓が炎症を起こすことをいいます。その原因はウイルス性だったりアルコール性だったり自己免疫性だったりと様々ですが、そんな肝炎が慢性化した後に待ち受けている終末の姿が「肝硬変」です。

これは慢性化した肝炎が肝臓の細胞を次々と破壊していき、その破壊スピードに肝臓の再生機能が追いつかなくなった結果、破壊された細胞が繊維状の組織を作り結節化、皮膚の上から触っても分かるほど硬さを持った状態のことをいい、こうなると正常な肝細胞の数が低下、肝臓の機能が弱くなってしまいます。

肝硬変を患うと様々な症状が見られるようになり、脱力感、疲労感、体力の減少、食欲不振、微熱、手足のこむら返り等が起こるようになりますが、病気が初期の状態では肝臓の再生能力が高いのと、肝硬変特有の症状が出にくいのとで、すぐさま肝硬変と判断されるのは難しいです。

しかし発見が遅れて長らく放置状態にあると、食道や胃の静脈瘤、消化管の出血、腹膜炎、腎障害、胆石症、果ては肝細胞癌といった厄介な合併症を引き起こしてしまう可能性があります。 肝硬変となる原因はウイルス性、アルコール性の肝炎であることが多かったのですが、近年ではメタボリックシンドロームによる「非アルコール性脂肪性肝炎」も原因の1つとして注目されています。

Copyright (C) 体脂肪率の平均値と理想の関係 All Rights Reserved